porce_logo300.gif
porcelarts006037.jpg
porcelarts006036.jpg
porcelarts006034.jpg
porcelarts006035.jpg
porcelarts006007.jpg
porcelarts006006.jpg
porcelarts006014.gif
porcelarts006015.gif
磁器の上絵付けに使う絵の具は、金属などの鉱物や顔料などの発色材料とガラスを混ぜて細かく粉砕し、すりつぶした、きめ細かな粉末状のものです。これをタイルなどの上で、メディウムという少し粘り気のある透明の溶剤で練り、ペースト状にして使います。
メディウムには水溶性のものと油性のものがありますが、ポーセラーツでは、臭いが少なくスポンジングがしやすい水溶性のものを主として使います。しかし「アウトライン転写紙」を貼って焼成し、白磁に直接上絵の具で筆描きする場合や、チャイナペインティングには、油性のメディウムを使います。

着色の主な手段はスポンジングという技法を使います。
写真のように先端にクリップが付いたスポンジばさみで専用のスポンジを挟み、練った上絵の具を少しずつつけて、ポンポンと軽く叩くように繰り返してつけていきます。濃くしたいときは念入りにつけますが、薄くしたいときはうっすらとつけるか、白を混ぜて色そのものを薄くします。スポンジングを薄くすると焼き上がったとき、予想以上にムラが出るので、白色の絵の具を混ぜて色自体を薄くして念入りに塗った方がきれいな仕上がりになります。
porcelarts006013.gif
porcelarts006019.gif
porcelarts006018.gif
porcelarts006021.gif
porcelarts006020.gif
porcelarts006017.gif
porcelarts006022.gif
porcelarts006016.gif
porcelarts006023.gif
porcelarts006024.gif
porcelarts006053.jpg
porcelarts006012.gif
porcelarts006025.gif
porcelarts006011.gif
先端につけるスポンジによって仕上がり具合がかなり違います。
化粧用のスポンジや、台所のスポンジなど、いろいろ使ってみたけど駄目みたい。
目が細かすぎても荒すぎても駄目なんですね・・・

目の粗いスポンジでも、薬局で売っている「アンダーラップテープ」で
巾着型にくるんで使うと、すっごくきれいにスポンジングできます。

アンダーラップテープ=ニチバン製 特殊な治療用のテープです。
豆知識
porcelarts006026.gif
ani92.gif
porcelarts006010.gif
porcelarts006027.gif
porcelarts006009.gif
porcelarts006028.gif
porcelarts006054.jpg
porcelarts006008.gif
porcelarts006031.gif
porcelarts006042.jpg
porcelarts006032.gif
porcelarts006030.gif
porcelarts006004.jpg
porcelarts006029.gif
porcelarts006005.jpg
porcelarts006033.gif
porcelarts006050.jpg
porcelarts006038.jpg
porcelarts001041.gif
keijiban.gif
porcelarts006051.jpg
sanka.gif
porcelarts006049.jpg
salon-bn.gif
マスキングリキッドを
筆にたっぷりつけて
境界線を描きます
porcelarts006039.jpg
上絵の具を練って
スポンジングします
porcelarts006048.jpg
porcelarts006047.jpg
porcelarts006052.jpg
この通り!
スポンジングが終わったら
マスキングリキッドを剥がします
薄過ぎると剥がすとき切れやすいので
たっぷりとインクをつけて描くのがコツ
porcelarts006003.jpg
ペンキ屋さんがよく使う方法ですね。紙テープなどを貼っておく方法です。
ポーセラーツのマスキングテープは柔軟性があって、曲線を描くのにも貼りやすいテープです。
又、同様のもので、切り抜いて使うシート状のマスキングシートというものもあります。
これらを使うときは、テープの端を内側に折り返しておくとか、シートの場合は、中程の柄に影響の無いところを×印に切り、爪を立てておくと剥がすときに便利です。

テープを剥がしたあとのビリツキや食い込みなどを修正する必要があるときは、綿棒を使います。
それから、絵の具を使う作業全般に言えることですが、パレットに残った絵の具の処分は、完全に仕上がってからにすること。修正の失敗などで微量の絵の具が必要になることがよくあるからです。
混色しているときは特に励行しましょう。同じ色はなかなか出ませんから!
porcelarts006046.jpg
porcelarts006044.jpg
白い部分が
テープを貼って
あったところです
インストラクター 多胡さんの
受講中の作品
porcelarts006002.jpg
ステンシルシートという水に強い合成紙を好きな柄に切り抜き白磁に仮止めしてスポンジングします。
この場合も、スポンジングが終わってから、はずしやすい様あらかじめつかむ場所を作っておきましょう。
porcelarts006045.jpg
ステンシルシートは何度も洗って使えるので
このように
色違いのシリーズものも量産?できます
porcelarts006043.jpg
インストラクター 山村さんの
受講中の作品
porcelarts006001.jpg
スクラッチとは、引っ掻くという意味。水溶性メディウムで溶いた上絵の具は、ガラス面に練り歯磨きで絵を描いたような状態なので、乾燥すると手などで触れただけで容易に剥げてしまいます。この性質をうまく利用したのがスクラッチ技法。あらかじめ一面にスポンジングした後、竹串、ワイプアウトツール、綿棒などで不要な部分を剥がしていくという方法です。

一度に大量に剥がすとモロモロが出るので、慎重に丁寧に少しずつ不要な部分を取るように剥がし、あまり貯まらないうちに吹き飛ばしながら削っていきます。
剥がす道具によって、独特の持ち味が出るので、いろんなもので試してみましょう。
剥がすための小道具は、思いついたら何でも使ってみましょう。たとえばシュロの箒(ほうき)とか、櫛(くし)とか、フォークなど、材質により、思わぬ効果が期待できるかもしれませんよ。
それからこれも、一種のスクラッチですが、大小、三角に尖ったもの等、綿棒は使いようによっては貴重なアイテム。状況に合わせて使い分けをしましょう。
マスキングリキッドやテープ、ステンシルでの最終仕上げにも役に立ちます。
porcelarts006040.jpg porcelarts006041.jpg
anidog3.gif