転写紙 転写紙とは 転写紙って
porcelarts003031.jpg
porce_logo300.gif
porcelarts003030.jpg
porcelarts003028.jpg
porcelarts003029.jpg
porcelarts003055.jpg
porcelarts003008.gif
porcelarts003001.jpg
porcelarts003009.gif
porcelarts003007.gif
磁器に絵をつける方法の基本として下絵付けと上絵付けがあります。
素材を練って整形し素焼きしたあと、施釉する前に色や絵をつけることを下絵付けと言い、染め付けとも呼ばれます。中国古来の技法で、主として呉須(ごす)という絵の具を使います。焼成後は藍色になるので、青一色の水彩画風の絵のものなどがよくあります。

これに対し、施釉して本焼成し、ツルツルになった白磁の表面に色や絵をつけることを上絵付けといいます。
また、釉薬そのものに着色してあるものは色釉と呼ばれます。

現在市販されている磁器製品の大半は、上絵付け方式で作られています。
下絵付けでは、素焼きの生地の表面が粗い為、細やかな絵付けが難しく、高温の本焼きに耐えられる絵の具に限られる為、色鮮やかな作品が作れません。
青又は赤茶系で水彩画風の比較的ラフな絵柄のものに限られるようです。

ポーセラーツで行う上絵付けの技法は、市販されている食器のそれと作り方はほとんど変わりません。製造業者は量産性を考慮し、いかに手をかけずにデザインが完成し、すべての製品の図柄や品質が均一であることを追求するのに対し、ポーセラーツでは、様々な転写紙を思い思いに切り刻んだり組み合わせたりしながらオリジナルデザインの「作品作り」を楽しむことが目的なのです。
「実際に使える食器」「普段使いの食器」を作ることができるプロのわざと素材を趣味の世界にうまく取り入れたのがポーセラーツです。
porcelarts003010.gif
porcelarts003014.gif
porcelarts003013.gif
porcelarts003015.gif
porcelarts003012.gif
porcelarts003016.gif
porcelarts003011.gif
porcelarts003017.gif
porcelarts003018.gif
porcelarts003006.gif
porcelarts003019.gif
porcelarts003005.gif
porcelarts003020.gif
porcelarts003004.gif
porcelarts003021.gif
porcelarts003003.gif
porcelarts003022.gif
porcelarts003053.jpg
porcelarts003002.gif
porcelarts003054.jpg
なんと言っても絵付けの代表選手は転写紙です。又、一口に転写紙と言っても種類がたくさんあります。詳しくは次ページで述べますが、様々な転写紙があることだけをここで触れておきます。
porcelarts003025.gif
porcelarts003026.gif
porcelarts003024.gif
porcelarts003049.jpg
上絵の具は元来粉末で、焼成後の仕上がりに近い色をしています。地色としてベタ塗りしたり、絵を描いたり、ステンシルしたりと使い方は様々です。
又、特殊なケースを除き、混色が可能です。
いずれも使用する直前にメデュウムという粘性のある液体で練って使います。
メデュームには水溶性と油性のものがあり、ベタ塗りには水溶性を使います。
ポーセラーツの教材として、予め溶剤で練って小瓶に詰めたタイプの「イリス」があります。こちらも水溶性のものですが、スポンジング(ベタ塗り)より、筆で絵を描くのに適した絵の具です。その都度練る必要が無く小出しして使えるので経済的?かも。

普通、焼き上がりの色は、元の絵の具とほとんど変わらない色をしていますが焼成環境により微妙に変わった仕上がりになります。
多くの場合、やや薄くなると思った方が良さそうです。特に白を混ぜて作った色の場合は、予想以上に薄い色に仕上がることを想定すべきです。

又、赤系の色は焼成温度が低い(750℃)場合は真っ赤になりますが高温では茶系の赤となります。茶系になってしまったものを元に戻すことは出来ませんからデザインの中に赤を含んでいる場合は低めの温度で焼いた方が良いので、その赤さの重要度により、中間的な温度で他の色と一緒に焼くのが普通です。
しかし、他の色の定着を良くするためにも出来るだけ高い温度で焼くことが望ましいので、こんな場合は赤を除く部分だけ着色して一旦800℃で焼き、続いて赤を着色して750℃で焼くというのが理想です。

ピンクは温度が低いとオレンジに仕上がってしまいます。こんな時は820℃位まで上げるときれいなピンクになります。
この場合は再焼成により、オレンジをピンクに変えられますが、既に赤系の色をも含んでいるときは、バランスを考慮して判断するしかありません。

他の色も、温度に左右されるものもあるのですが、特に赤とピンクが温度に左右されやすいので、焼成時には特に気を遣う必要があります。

色の種類は多くあり、これらのほとんどは混色も可能ですが、赤系の色は混色出来ないものがあるので、各色を単独で揃えた方が無難です。

シリーズの作品を作るときに混色する場合、同じ組み合わせで混ぜたようでも全く同じ色を再度作り出すのは至難の業なので、粉末のまま多めに混ぜ合わせ、別の容器に取っておきましょう。
porcelarts003023.gif
porcelarts003027.gif
porcelarts003032.jpg
porcelarts001041.gif
keijiban.gif
sanka.gif
salon-bn.gif
porcelarts003033.jpg
上絵付けの方法はさまざまですが、ドイツのマイセンのように、手描きを伝統として貫いているメーカーは稀な存在で、現代の市販の磁器の大半が転写紙を使って彩られています。
個々の絵付け方法については後述することとして、ここでは、どのような絵付け手段が存在するかについて取り上げてみます。
porcelarts003038.jpg
porcelarts003037.jpg
← 上絵の具(粉末)

       メデューム→
porcelarts003047.jpg
水溶性メデュームで溶いた上絵の具は、速乾性がないのでスポンジングによる地色の着色や、ステンシル技法に適していますが、完全に乾いても指が触れた程度で簡単に剥げ落ちるので、取扱上細心の注意が必要です。尚、この絵の具は筆で白磁に直接絵を描いたり、重ね塗りしたりするには不向きですが、後述する白無地転写紙や、ペイントサーフェイサーを使うことにより可能となります。

これに対し、油性メデュームで溶いた場合は、粘性が強く、乾きも早いのでトールペイントなどに近い感覚で絵を描くのに適しています。
乾燥後は容易に剥がれませんが、重ね塗りをするには一旦焼成してからにした方が綺麗に仕上がります。薄い色から順に、その都度焼成しながら重ねていきます。
porcelarts003046.jpg
文字通り金で彩ること。金やプラチナを溶かすことができる王水(濃塩酸と濃硝酸を3:1の体積比で混合した液体)と呼ばれる液体に溶かしたものを特殊な加工をして、扱いやすくしたもので、金液と言います。
指又は筆などを使って描きますが、ベタ塗りもできます。カップや皿の縁取り、リム、取っ手などに金彩するのが一般的です。

この金は液体に溶け込んでいるので、溶液は焦茶色であり、塗った時点では金色ではありません。焼成するとピカピカの金色に光ります。これをブライト金と言います。ポーセラーツではブライト金を手軽に使えるようにしたセラミックマーカー(詳細は後記)というマジックインクのようなスタイルのペンを使います。

これに対し、金液に金の粉末を混ぜたものをマット金といい、金粉の割合が少ないものをハーフマット金と呼びます。いずれも焼成後、金磨きペーパーで軽く磨くと、艶消しの上品な仕上がりになります。マット金は金の粉が瓶の底に沈殿するので、竹串や細いガラス棒でかき混ぜたり、よく振ったりして使います。いずれも焼成前は濃い茶色で、初めて使うときは、これが金になるの?って疑いたくなるくらいです。(^。^)
余談ですが、金粉の割合により価格も大きく異なるうえ、いずれも金相場により価格が変動します。

金液には微妙な色の違いがあり、赤金、青金などと呼ばれます。
正確には金彩とは言えませんが、同様の使い方ができるプラチナもあります。
これがピカピカの金彩 →
(ブライト金)
porcelarts003043.jpg
porcelarts003036.jpg
porcelarts003042.jpg
← こちらがマット金
焼成後、金磨きペーパーで
軽く磨いて仕上げます

重厚感のある落ち着いた仕上げになります
porcelarts003051.jpg
ブライト金を使いやすくしたマジックインクの様なタイプのもので、気軽に金彩が出来る優れものです。こちらも金、及びプラチナ、クロがあります。
メーカーからは、緑、ピンクなど数色出ているようですが、ポーセラーツ教材としては3色だけです。他の色も使ってみたことがありますが、いずれもイマイチでした。(×_×)

いずれも溶液は焦げ茶色で、焼き上がったら、金やプラチナのように輝きます。
中身は正真正銘のブライト金なので、電子レンジは使えません。

広い範囲を塗る場合は重ね塗りした部分がかすれやすいので注意してください。
しかし、塗り方が薄いと、金色に発色せず、ピンクがかった紫色になるので注意が必要です。
又、失敗したときは、無臭クリーナーを綿棒に付け、こまめに取替ながら徹底的に拭き取ります。見た目で取れたようでも、成分が少量残っていると、焼成後にうっすらピンク色に残るので完璧にぬぐい取るよう心がけてください。焼成後残ったときは金消しゴムで消せますが境目の処理が難しいです。
porcelarts003039.jpg
porcelarts003040.jpg
ゴールドペン
セラミックマーカー(ブライト金)
porcelarts003052.jpg
詳しくは後述しますが、ゴールドペンに、金液やペンワークオイルで溶いた上絵の具を使って、線描きや微細な絵柄を描くことができます。ペン先の頭がインク壺のようになっていて、下の針のようなペン先から少しずつ絵の具が出ます。0.5mm程度の細い線描きができるので、独特のタッチの作品が期待できます。
porcelarts003045.jpg
ペースト状のものを、スタイラス(先端の丸い鉄筆)などでポツポツと付けて焼成します。
小さな突起になるので、カップやソーサーのアクセントとなり高級感が出ます。

赤、ピンク、イエロー、オリーブグリーン、ネイビー、黒、白があります。

又、金盛用もありますが、これは一旦ペーストを付けて焼成したあと、その突起部分に金彩して再度焼成します。
porcelarts003050.jpg
いわゆる色鉛筆です。
色絵の具を蝋に練り込んで細いプラスチックの筒に詰め込んだもの。
白磁の表面はつるつるなので、白磁に直接描くことはできません。
あらかじめ白無地転写紙を貼るなど、表面をざらつかしてから描きます。
白無地転写紙は、次ページで詳しく紹介しますが、乾くと画用紙の表面のようになるので、できあがった作品はあたかも画用紙に描いた色鉛筆画のようです。又、この画材は、食品衛生上の処理がなされていないので、食器としての皿やカップの内側、口の触れる部分には使わないこと。絵皿やタイルなどに限定し、装飾用にのみ使用することが大切です。

それから、この画材は焼成初期に蝋が溶けて流れることがあるので、平らな面を水平に置いて焼成するよう配慮しましょう。

又、使用時は手のぬくもりで芯が柔らかくなり、すり減った芯を押し出せなくなることがあるので、指のぬくもりが伝わらないような断熱性のある発泡スチロールなどのフィルムを巻いて使う方が良さそうです。
万一芯が軟化した場合は、冷蔵庫で冷やしてから押し出すとうまくいくことがあります。
porcelarts003041.jpg
porcelarts003048.jpg
金液を薄めたような液体で、天然の海綿を使って塗ります。見かけは似ていますが、決して普通のスポンジは使用しないこと。スポンジの材質によっては、溶液に溶けてしまい、塗ったあとにスポンジの溶けたものが付着しとんでもないことになります。

この液も、塗った時点ではうっすらと茶色なのですが、焼成すると真珠のような輝きになります。
ピンクやブルー、グレーなどがありますが、やはり「パール」が一番きれいではないでしょうか。

この画材は、磁器の表面に被膜がついているという感じのものです。傷がつきやすいので手荒な扱いは禁物です。もちろん、金消しゴムで消すことも出来ます。

又、食器としてはせいぜいポットくらいにしておきましょう。あくまでも装飾品や小物入れなどにお使い下さい。
porcelarts003044.jpg
porcelarts003035.jpg 地色にパールのラスター
黒の転写紙を切り抜いたシルエットを
文字盤にした時計です
porcelarts003034.jpg
ani1.gif